世界初!乳酸菌入りβグルカン

シクロデキストリン

シクロデキストリンとは?

ブドウ糖 (グルコース) の重合体であるでんぷんにシクロデキストリン合成酵素を作用させることにより作られるブドウ糖が環状に6~8個連なったオリゴ糖で、環状オリゴ糖とも呼ばれています。

■シクロデキストリンの働き
シクロデキストリンの分子は、バケツのような少し片方の端が狭くなった円筒形をしており、その内部が疎水性、外部が親水性を示します。
シクロデキストリンは、その内側の空洞に他の分子を取り込む包接という能力を有する特徴があります。
このように、他の成分を取り込むことにより、取り込んだ物質を光や熱などから保護をしたり、水に溶けやすくします。

■抗メタボリックシンドローム効果
水溶性・難消化性で食物繊維であるシクロデキストリンは、整腸作用、血糖値上昇抑制効果があり、体重減少効果も期待されることから、メタボリックシンドロームの予防効果が期待されます。

■飽和脂肪酸を体外に排泄する効果
脂質は三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)のひとつで、最も効率の良いエネルギー源であり、人が生きていくうえで欠かせないものです。脂質は、大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、それぞれの性質はまったくといっていいほど違います。
シクロデキストリンは健康に悪い飽和脂肪酸(動脈硬化などの原因となる悪玉コレステロールのもと)だけを包接して体外に排泄させ、不飽和脂肪酸は包接しにくいことで、体に吸収させるという素晴らしい効果があります。

■抗アレルギー
アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息など、アレルギー疾患の改善効果があるといわれています。

お問い合わせ先 TEL 045-530-0130 平日10:00~17:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »